認知症の人の気持ち

認知症だからと言って全てがわからず出来ないわけではありません。
家族や介護者が過剰に手を出し過ぎて、残存機能や意欲の低下が見られることも少なくありません。
また、認知症の人は感情を読み取ることが苦手なため、
自分のためを思って家事などを代わりに行ってくれる家族に対して、
やらせてもらえない、仕事を奪われたなどの被害妄想に発展することもあります。