願い

『認知症にだけはなりたくない。』
高齢者の多くはそう強く望んでいるようです。
でもその心の裏側にあるのは認知症になったら、自分が自分でなくなるという恐怖と不安、
また家族に迷惑をかけてしまうという気持ちの現れだと思うんです。

もしも認知症になっても自分が自分らしく大切な家族と笑って過ごせる未来があるとしたら、認知症を恐れず安心して暮らすことが出来るはずです。

私たち一般社団法人認知症予防緩和協会は介護者の皆さんと共に認知症の人や家族の笑顔と暮らしを応援します。