残存機能を低下させない

残存機能を低下させないことは、認知症の予防にも大きく影響します。本人のできることも職員が行い残存機能低下⇒認知症の悪化に繋げてしまっていることはありませんか?(心と体は一体です。心の元気は体の元気 体の元気は心の元気とも言われています。)

例えば…
*入浴時の洗身・洗髪・着脱
*靴のはきかえ
*ヨーグルトのふたや牛乳のストローさし
*トイレのズボンの上げ下げ

当たり前のように行っている介護、それは本当に良い介護なのでしょうか?残存機能を低下させない介護が出来たらいいですね!