食事

食事

食事(食べること)は単に栄養を摂ることだけが目的ではありません。楽しい食事・幸せな食事は人を笑顔にし、脳に良い刺激をもたらします。また料理には味や香り、食感や彩りなどのさまざまな刺激が脳を活性化していくとの効果があるそうです。

施設での食事介助も、ただ出てきたものを口に運ぶだけではなく、献立の説明や声掛けなど、どうしたら美味しい食事ができるのか考えて見ることや、歯がないから・むせるからと言って、いきなりおかゆやミキサー・とろみをつけるのではなく、どうしたら安全に『食べたいな』『美味しいな』という食事ができるのかを考えて見ることも必要なのではないでしょうか。