食事のあと自分の食べたお膳を片付けようと立ち上がった利用者さんに『危ないから座ってて』『私たちが片付けるからいいよ』と声をかける職員の姿

食事のあと自分の食べたお膳を片付けようと立ち上がった利用者さんに『危ないから座ってて』『私たちが片付けるからいいよ』と声をかける職員の姿

きっとそれは当たり前の会話で、働く介護職員は利用者さんの心の変化に気づかないことが多い。

『ありがとうございます』そう言って一緒に片付けること

感謝の言葉一つで驚くほど表情が変わる利用者さん

そういう感情の積み重ねが認知症の予防や緩和に繋がるのではないかなと思う。

自分でできることは自分で

そう思うことはとても素晴らしいこと

牛乳のストローさし、ヨーグルトのふた

自分でできることも介護職員が全部してしまうのは本当に良い介護とは言えない

自立支援という言葉があるように

できないところをサポートするために介護職員がいるのではないのかなと思うんです♡