認知症だからわからないだろう

認知症だからわからないだろう

認知症だから覚えていないだろう

そうやって増え続ける介護虐待

先日ある家族から受けた相談

施設から帰った父が職員に頭を叩かれたと。

はじめは認知症の父が被害妄想で言っていると思っていたが、頼むから言わないでほしい。自分が我慢すればいいのだからと話す父を見て、何かしらあるのだと心配になったとのこと。

時間をあけて何度も質問するが、毎回叩かれた場所、叩かれた様子について同じ答えが返ってくる

施設に問い合わせても、そんな事実はないとのこと

本当に虐待があったかどうかはわからない

だけどそう思わせる何かがあったことは事実

変わるチャンス、気づくチャンス

再度ひとりひとりが利用者さんの気持ちを考えて、どんなふうに関わっていくのか見直すことが大切

介護の仕事は大変な仕事

ストレスもたまる忙しい仕事

だけど利用者、家族が安心して任せられる

信用、信頼ある介護が大切ですね。