見守り

見守り

介護現場ではよく『見守り』という言葉を耳にします。介護現場での見守りとは一般的には利用者さんに危険がないように何かあればすぐ手を差し伸べられる状態のことを言います。

では皆さんは『見守り』と『監視』の違いを知っていますか?

★見守りとは→目配り・気配り・心配りをしながら必要な時に必要な介護ができる状態

★監視とは→警戒して見張ること

利用者の皆さんが安心感をもてるような見守りを心掛けたいものですね。