相手を傷つけない声かけ

相手を傷つけない声かけ

認知症になると自分では出来ているつもりでも、実際には出来ていないこともあります。また、はじめは自分で頑張ろうという意欲がある人も介護者の言葉かけ一つで意欲を失くしてしまうこともあります。例えば衣服の着方ですが、前と後ろが逆だったり、ジャンパーの上からベストを着たり、季節に合わない服など、介護者から見てとてもおかしな着方をしている利用者さんがいたとします。その時介護者の皆さんは相手を傷つけない声かけがきちんと出来ていますか?

★なんでそんな変な着方してるの?
★前後ろ逆ですよ
★今は夏だからこんな冬みたいな恰好してると笑われるよ
★おもしろい着方してるね
★着方が間違ってるよ

等々他の利用者さんに聞こえるような大きな声で言ってみたり、職員同士それを見て笑っているようなことはありませんよね。

もしも自分だったらそんなふうに言われたらとても恥ずかしく、嫌な気持ちになりませんか?