理由

理由

★トイレを嫌がる理由
★入浴を嫌がる理由
★食事を嫌がる理由
★歯ブラシを嫌がる理由
★爪切りを嫌がる理由

人が何かを拒否する時、そこには必ず理由があります。利用者さんがこう言ってるから…とその言葉だけをとらえるのではなく、なぜこうこたえているのか、その心(気持ち)に寄り添うことが大切なんです。

例えば『お腹いっぱいだからあんたにあげるよ…』と昼食時の牛乳に手を付けない利用者さんがいたとしたら介護者の皆さんはどう対応していますか?その言葉をそのままとらえてしまっていませんか?

昔の人は残すともったいない…という思いから、飲みたくても全部飲めないなら手をつけないように気を使っている人も多いようです。
★お預かりしておくので、時間をおいて飲みますか?
★もしなら半分だけコップに入れて飲みませんか?

こんな声かけをしてみたらどうでしょうか?

言葉の一つ一つにある思いを知る、その理由を知ることがより良いサービス・介護の質に繋がっていくのではないでしょうか…