本日の介護ブログ『高齢者虐待』①

本日の介護ブログ『高齢者虐待』①

高齢者虐待のほとんどが認知症高齢者、何かされても訴えることができない方が被害を受けることが多いようです。

しかも最近では介護のプロと呼ばれるはずの『介護職員』が虐待を起こしてしまうケースが多数報告されています。

それではなぜ、このようなことになってしまうのか・・・

その背景にはさまざまな問題が隠されているようです。

★認知症介護の大変さ

★離職が多く、人員不足

★組織においての不満や不安

★人間関係

★勉強不足・研修不足

★相談する相手がいない

etc…

よくメディアなどで目にしたり耳にする介護虐待、こんな酷いこと自分はするわけないと多くの人が思っているはずです。しかし介護虐待は介護者が『虐待をしている自覚(意識)がない』こともあります。

☆身体的虐待…殴る、蹴る、叩く等をして暴力をふるう

★心理的虐待…脅しや侮辱、無視、嫌がらせによる精神的苦痛を与える

☆性的虐待 …本人が同意していない性的な行為を強要する

☆経済的虐待…本人の合意なしに財産や金銭を使用したり、制限する

☆介護放棄 …必要な介護サービスを利用させない、世話をしない(ネグレクト)

特に心理的虐待

・訴えを無視する
・バカにする
・冷たい態度
・怒る

心の傷は外からは見えないので注意なんです。

そしてそういう心の傷は認知症の悪化に繋がり、介護が困難になることを忘れないようにしましょう!!

5510556a2ed69a62cc4b