本日の介護ブログ『認知症という病気(症状)』

本日の介護ブログ『認知症という病気(症状)』

インフルエンザになると高熱が出る

胃腸炎になると嘔吐や下痢になる

それは子供の頃から頭に入っているから『当たり前』として認識されている。

勉強でも雑学でも子供の頃や若い頃に学んだものは覚えているけれど、年をとってからだとなかなか頭に入らない。

認知症について子供の頃はなぜ学ばないのだろう。

認知症の中核症状や周辺症状、認知症についての理解を子供の頃から学んでいれば、認知症の人に対して間違った対応や、理解もなくなり、虐待や介護放棄もなくなるのではないのかなとも思う。

我が国の深刻な高齢化問題。認知症問題を解決するためにも子どもの頃から認知症という病気(症状)について学べたらいいのに・・・

=======================

一般社団認知症予防緩和協会は『子ども認知症サポーター養成講座』ご依頼も受け付けております!ぜひご希望の団体様いらっしゃいましたらいつでもご相談ください。