本日の介護ブログ『認知症』

本日の介護ブログ『認知症』

痴呆→認知症と2004年のクリスマスイブ(12月24日)に厚労省検討会が正式に認知症への名称変更を勧告したことを皆さんは知っていますか?そして何より大切なことは痴呆という名称から認知症という名称に変更したという事実ではなく、なぜ痴呆から認知症へと名称へ変更になったのかという意味がきちんと理解されているかどうかということなんです。

また、認知は『認知病』ではなくなぜ『認知症』というのでしょうか?それは認知症は単に病気の名前ではなく病気によって起こる『症状』だからなのです。インフルエンザになったら高熱が出る。でもインフルエンザになったからその人が違う人間になるわけではないのと同じで、認知症になってさまざまな症状が出たとしてもその人自信が別の人間になるわけではないのです。確かに認知症になってしまうとその人自身の人格が変わってしまうように見えることもありますが、その人がその人らしく変わらぬ笑顔で生活できるように支えていくのが家族や介護者、地域の役割であるということを忘れてはいけないんです!

★地域で認知症を支えよう!認知症サポーター養成講座にも当協会は力を入れています。認知症サポーター養成講座をご希望の方はどうぞお気軽にご連絡ください。