本日の介護ブログ『言葉は脳→感情へ』

本日の介護ブログ『言葉は脳→感情へ』

疲れた、もうダメだ、苦しい…そういう言葉を発していると脳がそれをキャッチしてそういう気持ちになるから本当にそうなってしまう。だから嬉しい、楽しい、絶好調!そう言って笑顔でいると脳がそれをキャッチしてそういう幸せな気持ちになっていくんです。

『言葉→脳→感情へ』リンクしています。だからまず職員がそれを実践する。そしたらその施設は幸せいっぱいの職員さんが溢れてくる!幸せな職員さんに介護されたらその利用者さんは自然と笑顔になっていくのです。

これが脳の原理、認知症緩和に繋がる大切なキーワードなんです。