本日の介護ブログ『薬』

本日の介護ブログ『薬』

認知症悪化の要因の一つに、多剤大量処方や残薬(飲み忘れ)があるのをご存知ですか?

近年、薬の多剤大量処方による影響で、深刻な健康被害に苦しむ方が増えています。

★記憶力低下
★昏睡状態
★幻覚・幻聴
★興奮状態

これらの多くも多剤多量処方によって引き起こされているケースもあります。

高齢者が複数の病院に行き、体の不調を訴え、現在ある薬と同様、または新しい薬が追加されることによって、深刻な副作用を引き起こしている実態が明らかになっています。

ではなぜこのような問題が起こるのか・・・

それは医療機関が個々にきちんと向き合い、どのような薬を飲んでいるかを把握しないまま投薬が行われているからです。

また、血圧や認知症の薬など決められた用量を決められた時間に飲まなければいけないはずの薬が残薬され、症状が良くならず悪化してしまうことも多く

薬をきちんと服用できるために介護者や家族の協力も必要となりますね。

0f2e2c05f13d54bdf298