本日の介護ブログ『苦情』

本日の介護ブログ『苦情』

苦情をクレームに変えてしまわないように

小さな不満も見逃さず、どんな苦情にも真剣に耳を傾け対応するようにしましょう。

苦情を言う利用者さんや家族はクレーマーではありません。苦情は言う方も辛いんだということを忘れないこと!

そして利用者さんや家族の多くは嫌なことがあっても、お世話になっている、迷惑かけているからと我慢をしていることが多いと言います。

だからこそ、苦情はありがたい気づきであり、ありがたい学びなんです。