本日の介護ブログ『自分のできること』

本日の介護ブログ『自分のできること』

認知症の人の多くは今まで出来ていることができなくなり、失敗が多くなると自信を無くして何もしなくなったり、意欲低下が見られることがあります。

また介護者や家族が、認知症だから何もできないと決めつけて役割をなくしてしまうことにより、被害妄想や介護拒否などが見られることもあります。

認知症になったら全てができないというわけではありません。

ただその順番や方法がわからなくなっているだけのことなんです。

★一緒に行うこと

★出来ないことをサポートすること

★役割をなくさないこと

★何度も繰り返し伝えること

★わかりやすく紙に書いたりメモにするなどすること

そして何より自分のできることを大切にしていくことが

認知症になっても安心して暮らせるヒントになるのです。