本日の介護ブログ『相槌』

本日の介護ブログ『相槌』

利用者に好かれる介護者は,大きな相 槌を打ったり,歌や拍子の合間にタイミ ングよく合いの手を入れたりすることが とても上手な人だと言われています。

大きく頷く(相槌)+タイミングよく言葉を返す(合いの手)ことにより,利 用者は自分の話をよく聞いてくれる安心 できる人だと思い,会話が弾むようにな ります。

主な相槌の種類を次に示します。

・へ~そうなんだ ・なるほどね ・うん,そうか  ・すごいですね ・そうですよね~  

どんなに話を真剣に聞いていても,利 用者から見て「自分の話がつまらないの かな?」と思われていては会話は続きま せん。

「相槌+合いの手」は日々意識し訓 練することで,自然と身についてきます。