本日の介護ブログ『目配り・気配り・心配り』

本日の介護ブログ『目配り・気配り・心配り』

目配り・気配り・心配りという言葉を聞いたことがありますか?

★目配り:自分だけでなく、相手や周囲にも目を向ける。
★気配り:相手のことを考えて行動する。
★心配り:協力する。思いやりを独自の方法で行う。優しさを与える。

一般的にはこう言った意味があるようです。

では、介護においてはどんな意味があるのでしょうか?

★目配り:いつでも見守りを行い、何かあればすぐに手を差し伸べられる状態のこと。
★気配り:相手の動きの中で、相手のしたいこと、望んでいることを理解すること。
★心配り:心を込めて行動(実践)に繋げていくこと

これが介護においての『目配り・気配り・心配り』なんです。