本日の介護ブログ『新人職員に』

本日の介護ブログ『新人職員に』

新人職員にとって現場での経験があっても、今目の前の利用者さんのADLが把握できていなければ、なかなか動けないものだと思います。

自分の新人時代はどうでしたか?

どんな指導が良かったですか?

そんなことを思い出しながら自分がこんな指導がわかりやすかったと感じた指導をすることがとても大切なんだと思います。

例えば着脱介助においていきなり『〇〇さんの介助お願い!』なんて言われても、どこをどんなふうに介助していいのかわからないし、何が自分で出来るのか、どこまで介助していいのかわからないですよね!

では『〇〇さんの介助お願いしたいんだけど、〇〇さんは服を渡すと自分で着れるので、順番や着方を見守りしながらお願いします。突然立ち上がることがあるので気を付けてくださいね』などという指導はどうでしょうか?

ほんの少しのプラスアルファの声かけでどれだけ新人の動きが変わるか考えて見ましょう!

どんなに忙しくても、必要な情報、必要な声掛けができるように日々気をつけたいものですね。