本日の介護ブログ『新人教育』

本日の介護ブログ『新人教育』

何度も同じミスを繰り返す新人にその理由を聞いてみた。

余裕がない中で注意されると、とりあえず返事はしているものの実際はそれがなぜダメなのか、よくわかっていないとのこと。

確かに・・・

指導する側は自分がわかっているので、それが当たり前だという前提で話をするけれど、実際は〇〇しないでください!!危ないから〇〇してください!と言っているだけで、それがなぜ危ないのか、それがどう事故に発展していくのかきちんと伝えられていないのでは・・・と思う。

介護には一つ一つにきちんと理由があって、その理由がきちんと伝えることが大切!

そして何より指導される側も、わからないことはそのままにしない、わからないことは納得できるまできちんと聞く、そういう積み重ねがお互いの成長とよりよい介護、サービスへと繋がっていくのです。