本日の介護ブログ『心を込めて』

本日の介護ブログ『心を込めて』

自分の足で立つことができるのに、嫌だ嫌だと拒否する利用者さんに、それならベットで・・・とおむつ交換。

確かに利用者さんの気持ちも大切だし、無理強いはNG。

でもなぜ嫌なのかの先にあるものをきちんと見て

どうしたら嫌じゃなくなるのかを考えて行けたらいいですね。

『どうせダメだから』と諦めてなんでもかんでも介助するのではなく、自分でやることの意味や喜びをちゃんとわかってもらえるように心を込めて伝える。

心を込めた言葉や介助は、たとえ認知症の人にも必ず伝わるものです。

自分の足で立てた時、それを自分のことのようにスタッフが喜んでくれた時、本当の意味でのケアが出来たと言えるのかも知れません!