本日の介護ブログ『徘徊→一人歩きへ』

本日の介護ブログ『徘徊→一人歩きへ』

認知症が増え続ける中、認知症の正しい理解を学ぶ方も多くなりました。最近では徘徊のことを『一人歩き』『お出かけ』『外出』などと言い換える介護者も多く、周囲にも大きな変化を見せているそうです。

今まで『問題行動』『徘徊』『不穏』などという言葉で片づけられていた介護業界に大きな光が見えはじめたことは本当に嬉しいことですね。

今後は介護者だけではなく、家族や地域の方々も認知症についてを学び、正しい理解と知識を身につけることにより認知症になっても安心して暮らせる街づくりを目指していきましょう!