本日の介護ブログ『家族の苦悩』②

本日の介護ブログ『家族の苦悩』②

家族が認知症になって

★ご飯を食べたことを忘れる
★何度も同じことを聞いたり言ったりする
★介護拒否がある
★大声で怒鳴る
★散歩に出ると家がわからなくなる

このような相談が多く寄せられています。

以前にブログでもお伝えしましたが、
認知症が悪化するには原因があります。

脳と感情はリンクしていて
・嫌だ
・苦しい
・辛い
・哀しい
・みじめだ
・悔しい
・痛い

これらの感情『イヤイヤ脳』※例えの名称
脳⇔感情が不快感を感じるとそれが蓄積して
認知症が悪化すると言われています。

認知症の人は物事は忘れてもその感情は
忘れることはないと言われています。

ですから認知症を緩和するにはその反対
『幸せ脳』をつくる必要があります。

☆嬉しい
☆楽しい
☆安心
☆美味しい
☆綺麗
☆可愛い
☆落ち着く

これらの脳⇔感情の蓄積が認知症を緩和させるとも
言われているんです。

認知症を緩和し、笑顔ですごしていただくために
どうしたら『幸せ脳』になるのか考えて見ましょう。

☆笑顔
☆優しい言葉かけ
☆優しいまなざしと寄り添い
☆褒める
☆感謝する
☆一人にしない

これらは認知症緩和のキーワードと言われています。