本日の介護ブログ『大切な家族』

本日の介護ブログ『大切な家族』

大切な家族だから施設を使わせるのは可哀想

大切な家族だから他人に任せたくない

そう思いながら認知症の悪化で介護が困難になり、施設を利用することに決めた家族はとても多い。

だからこそ心配。その思いが施設にとって沢山の苦情に繋がる。

★着替えがされていなかった
★おむつの当て方が悪かった
★爪が切ってなかった
★内出血が出来ている
★入浴後に塗る薬が塗ってない

これらの苦情を細かいとか、クレーマーとか、問題のある家族とか施設の勝手な見方で決めつけていませんか?

苦情は家族の苦しい気持ち

家族のSOSなんです。

大切な家族だから気になること

大切な家族だから真剣になること

大切な家族だから見逃せないこと

そういう気持ちを一つ一つ受けとめて

思いを込めた介護に努める

それが大切な家族を預かる

施設(介護者)の責任なんです。