本日の介護ブログ『地域で支え合う』

本日の介護ブログ『地域で支え合う』

認知症介護において地域で支え合うことが大切だと言われているものの、実際同じ地域での施設・介護者の交流や連携は少ないのが現実です。

選ぶ時代から選ばれる時代『契約制度』へと変わってからは時に同じ地域での施設や介護者はお客の取り合いで『敵・ライバル』になっていき、良いものを情報交換し合うなんてことはなくなりました。

でも介護は誰のためにあるのかと考えて見れば、それは『利用者さん』であり職員のためじゃないんです。

例えば利用者Aさんがデイサービスとショートステイの別々の施設を利用していたとします。

★フェイスシートの交換
★日課の情報交換
★利用時のご様子
★介護方法についての情報交換
★本人の好きな物や落ち着くこと

これらの情報交換があれば利用者さんも安心して過ごせるし、介護者にも役立つのに…と思うものですが、他の施設の情報が全く入らないのが現状のようです。

今年も地域で戦うのではなく、地域で支え合う『愛』『真心』に満ちたサービスができることを念頭に★一般社団法人認知症予防緩和協会は活動していきます!