本日の介護ブログ『味方』

本日の介護ブログ『味方』

『うちの嫁がさ〜』利用者さんが一生懸命に自分の気持ちを吐き出す愚痴に対して介護者の皆さんはどうこたえていますか?

★そんなことないよ、いいお嫁さんだわ
★お嫁さんもそういうつもりで言ったんじゃないよ
★お嫁さんも悪気があったわけじゃないんだから

介護者が何とか良い方向に行けばと思って発した言葉が逆に認知症本人にとっては嫁の味方をして!と不信感や怒りがこみ上げて来ることも多いはずです。

『受容と傾聴』というようにただ話を聞くだけではなく気持ちを受け止めるような会話も大切になってきます。

時には

★それは大変だったよね
★え〜それは嫌な思いしたね
★辛かったね
★それはひどいよね

などの会話から、この人は自分の話を聞いてくれる、わかってくれている、味方だと感じることで、気持ちが落ち着くこともあります。