本日の介護ブログ『利用者さんの気持ち』

本日の介護ブログ『利用者さんの気持ち』

★お風呂に入りたくない
★レクリエーションに参加したくない
★機能は嫌だ
★ご飯は食べたくない
★水分はいらない

介護者を困らせるこのような行動を以前は『問題行動』と言っていました。でも今はそのような行動を周辺症状(行動障害)と言うようになり、介護者主体(介護者目線)ではなく利用者主体(利用者目線)で考えることが大切だと『認知症』という症状の理解がされるようになってきました。

認知症の人は自分の思いをうまく伝えることが困難です。しかしその行動には必ず意味があり、介護者はその認知症の人の行動の意味を(問題となっている原因)を考え、解決することが必要なんです。