本日の介護ブログ『初任者研修』

本日の介護ブログ『初任者研修』

2013年度にヘルパー2級から初任者研修に資格が変更

2013(平成25)年度から、介護の資格制度が新しくなりました。
以前の資格制度にはホームヘルパー2級、ホームヘルパー1級、介護職員基礎研修などがありましたが、これらの資格制度は廃止となります。

ただ、これらを既に取得している方は、そのまま介護の仕事に従事できることになっています。

現制度では『介護職員初任者研修課程』が、ホームヘルパー2級に相当し、制度改訂に伴い、カリキュラムが新しくなりました。

介護を仕事として働く方は。2012(平成24)年度末までにホームヘルパーや介護職員基礎研修を取得しているか、2013年度以降に介護職員初任者研修を取得していることが望まれます。

初任者研修は介護職の入門の資格となります。受講し資格を取得することで介護の知識・技術だけではなく高齢の方との接し方や介護・福祉の考え方なども学ぶことができ、就職に有利なだけでなく、高齢の利用者に対してよりよりサービス(支援)を提供することができるようになります。