本日の介護ブログ『介護記録』

本日の介護ブログ『介護記録』

ある利用者さんの介護記録:職員に暴力行為あり・介護拒否あり・不穏・大声を出している・徘徊などさまざまな記録があります。しかしそれは介護者を困らせている問題行動として介護者の目線での記録にしか過ぎません。そういう行動に起こるまでの経緯や、どんな対応をしてどんな言葉かけをしたかの記録がないのではないでしょうか。介護者が問題行動のある大変な利用者だと思っているからこその書き方。その介護者の目線を利用者さんの立場になって考え、合わせてみたら、記録の書き方も少しずつ変わって来るはずです。

介護記録はただその行動を記録すればいいというわけではありません。介護記録を通してその人にとって一番良い介護(かかわり)を見つけていけたらいいですよね!