本日の介護ブログ『介護記録②』

本日の介護ブログ『介護記録②』

介護の記録は事実をありのままに書くことが大切です。例えば内出血やヒヤリハットなどを記載することで施設の責任になることを恐れ、記録に残さないようなことは絶対にあってはいけません。
(※介護記録は利用者さんを知る大切な資料です。)

★その時の言葉
★その時の表情・仕草
★その時の行動
★それに対しての対応
★それに対しての対策

皆さんの施設ではきちんとありのままに事実を記載していますか?