本日の介護ブログ『介護接遇』

本日の介護ブログ『介護接遇』

介護接遇は丁寧に敬語で話せばいいというものではありません。

親しき仲にも礼儀ありと言うように、どんなに仲良くなっても相手はお客様だということや、人生の先輩だということを忘れてはいけません。

★ちょっと待ってね
★今〜してあげるから
★危ないよ
★ダメだよ
★それ他の人のだよ

そんな言い方をしているスタッフの方を見ると、一体利用者さんをなんだと思っているんだろうと不安になってしまいます。

また、いくら丁寧な言葉で話していても利用者さんと違う方に体を向けて話したり、目を見ず話しをしたりするのは良い接遇とは言えません。

声の大きさ、トーン、早さなどによっても冷たい印象を与えてしまうので気をつけましょう。