本日の介護ブログ『上手な声かけ』②

本日の介護ブログ『上手な声かけ』②

認知症の利用者さんは何をされるかわからない時に、怒ったり・拒否したりという行動が見られることがあります。

きちんと相手の名前を呼んでから、何をするかを伝えることで不安が解消されたり、安心できる『声かけ』はとても大切です。

声かけの上手な人はコミュニケーション能力の高い人でもあります。

★相手の名前を呼んでいますか?
★優しい表情で声をかけていますか?
★相手の目を見ながら声かけをしていますか?
★何をするかをきちんと理解してからはじめていますか?
★一方的な声かけになっていませんか?
★相手の気持ちを考えていますか?

上手な声かけ=コミュニケーション=安心感=信頼関係=良い介護に繋がっていくんです。