本日の介護ブログ『ニンチ』

本日の介護ブログ『ニンチ』

介護のプロである介護職員が、当たり前のように使う『ニンチ』という言葉。

なぜ認知症を『ニンチ』と略して呼ぶのでしょうか?

そして介護職員が認知症のことを『ニンチ』と使う時は決して良い話をしていないはずです。

★あの人ニンチだから
★ニンチだからしょうがないよね
★なんか最近ニンチ入ってきたよね
★どうせニンチだから…

こんなふうに認知症のことを簡単に『ニンチ』と呼ぶことは、家族にしてもとても不快で哀しいことなんです。

認知症=頭のおかしい人ではありません。

★認知症になったからといって何もできなくなる、わからなくなるわけではありません。

★認知症になっても適切な支援や周りの理解があれば安心して過ごすことができます。

何気ない『ニンチ』という呼び方、皆さん今日からやめてみませんか?