本日の介護ブログ『その言葉の中にある思いを知ろう』

本日の介護ブログ『その言葉の中にある思いを知ろう』

人が何かを拒否する時,そこには必ず 理由があります。

利用者がトイレ・入 浴・食事・歯みがき・爪切りなどを拒否 する際,「利用者がこう言ってるから…」 とその言葉だけをとらえるのではなく, なぜそのように言っているのか,その心 (気持ち)に寄り添うことが大切です。  

例えば,「おなかいっぱいだからあん たにあげるよ…」と昼食時の牛乳に手を 付けない利用者がいたとしたら,介護者 の皆さんはどう対応していますか? 

そ の言葉をそのままとらえてしまっていま せんか?

高齢者の中に「残すともったいない」 という思いから,飲みたくても全部飲め ないなら手をつけないように気を使って いる人も多いようです。

次のような声か けをしてみたらどうでしょうか?

・お預かりしておくので,時間をおいて 飲みますか?
・半分だけコップに入れて飲みませんか?  

言葉の一つひとつにある思いを知る, その理由を知ることがよりよいサービ ス・介護の質につながっていくのです。