本日の介護ブログ『その介護を振り返ろう』

本日の介護ブログ『その介護を振り返ろう』

★ベッドに横になり浣腸をした後に『便が出たら教えて下さい〜』と言う職員の声。便が出そうになったら、ではなく便が出たら教えて下さい???

普段はトイレで排泄される方なのに、なぜ浣腸の時はベッド上でオムツの中での排泄なのでしょうか?

★自宅では普通の飲み物を飲んでいるのに、施設ではムセるからと水分は全てトロミなのはなぜなのでしょうか?

★自宅では歩いているのに施設では危ないからと車椅子なのはなぜでしょうか?

★自宅では常食なのに施設ではお粥に刻みなのはなぜでしょうか?

こんなふうにおかしいな?と感じることがなく、日々の業務に追われて当たり前になっている介護は、本当に利用者主体の介護なのでしょうか?

自分がされたら嬉しい介護、安心できる介護が利用者主体介護の基本です。

その介護をもう一度振り返って、誰のために?何のために?を考えてみましょう。