意味のない介護なんてない。

意味のない介護なんてない。

当たり前の介護にも一つ一つには必ず意味があるんです。

自分がやっている介護を振り返った時、きちんとその理由や目的を理解した介護ができているといいですね。

ただ仕事だからやっているのではなく、きちんとその意味がわかってくると、その時の状態や状況に合わせてどういう介護をすべきかが見えてくるし、なにより自分自身の成長に影響すると思います。

新人や実習生の教育に関しても、自分勝手なルールではなく、なぜそうなのか、そしてそれは誰のための介護なのかをしっかり理解することで、日々その人にとって一番良い介護ができるはずです!!