家族と施設の連携

家族と施設の連携

認知症の人は自分の想いを上手く人に伝えることが出来ません。そのため怒りや哀しみ苦痛などの原因を知るためには家族や介護者の情報の共有(連携)が必要になってきます。例えばデイサービスの迎え時にいつもと様子が違ったら家族とどういう会話をしていますか?ただ昨日から不穏だとか、今日は様子が違うという情報を伝達するだけなら誰でも出来ます。大切なのはそれがなぜ怒ったのかという理由(原因)なんです。

★いつからか
★何かきっかけになると思われること
★睡眠状態
★排泄(お通じ)
★食事
★環境の変化  
★何かの失敗はないか?
★体調

…そういう情報の全てが認知症の人の想いを知るヒントに繋がっていきます。