報告 連絡 相談②

報告 連絡 相談②

これらの難しさは『いつ』『誰に』『何を』『どこまで』を報告、連絡、相談すればいいのかの判断基準が人それぞれ違うということです。どこまでを自分の判断でしてよいのか、どこから自分の判断ではなく、上司に相談すればよいのか、忙しい介護現場ならなおさら判断に迷うことがあるのかも知れません。

【報告】
必ず伝えなければいけない義務

【連絡』
チームの連携の中で、伝えなければいけないこと

【相談】
問題を解決するために

こんなふうに考えたらどうですか?今までわからなかった判断基準が見えてくるかも知れません。