介護を嫌がる理由

介護を嫌がる理由

認知症の方が介護を嫌がり介護者を悩ませることがあります。(入浴拒否・薬を飲まない・トイレ拒否・食事拒否等々)その時介護者はどうしたら介護拒否をなくせるのか、どうしたらスムーズに介護を行えるのかを真剣に考えます。しかし、なぜ拒否をするのかということに目を向け本人が嫌なこと・不安なことから問題を解決しようとする介護者はまだまだ少ないように思います。例えば『入浴拒否』として考えたとき、単にお風呂が嫌いだから拒否をして困るではなく→お風呂は気持ちいいのにどうして入りたくないのだろう。

★排泄の失敗などで、汚れた衣類を見られたくないのかな?
★着替えが面倒で嫌なのかな?
★人に肌を見られるのが恥ずかしいのかな?
★寒がりで、裸で待たされるのが嫌なのかな?
★入浴することが面倒になっているのかな

等々様々な角度からその原因を見出し、一つ一つ解決していくことがとても大切なことなんです。そしてその原因にたどり着き、問題解決(対応策)が出来ただけで、嘘のように入浴拒否がなくなったという報告もあります。