一人じゃないということ

一人じゃないということ

誰だって一人は寂しい。辛い時、苦しい時、誰かがそばにいてくれて良かったと思ったことはありませんか?人は歳をとるごとに色々なものに臆病になり、認知症になって出来ないことや失敗、怒られることが多くなり生活の中で孤立してしまうこともあります。

介護者は家族ではありません。しかし、その心に寄り添い、支えになることは出来るのではないでしょうか?

いつもそばにいて自分の味方でいてくれる人、そんな安心感を与えることができる介護者を目指したいですね。