マザーテレサの名言の一つに『世界で一番恐ろしい病気は孤独です』と言うものがあります。

マザーテレサの名言の一つに『世界で一番恐ろしい病気は孤独です』と言うものがあります。

便利な世の中でも人の気持ちはお金では買えません。

孤独とは、独り暮らしだから孤独・・・ではなく、誰も頼る人がいない。

自分をわかってくれる人がいない・・・と感じることが一番の不安なのではないでしょうか?

そしてその『孤独』が人の心を不幸にしてしまっているのではないでしょうか?

介護者にできることは限られているかもしれません。

でも相手の話をよく聞き、寄り添い、いつでも味方になることはできるはずです。

♡自分の話を聞いてくれる人がいる

♡自分をわかってくれる人がいる

♡自分の味方でいてくれる

♡自分は一人じゃない

そう思ってもらえる信頼関係とコミュニケーションがとれたらいいですよね!