どんな介護者になりたいか!②

どんな介護者になりたいか!②

あなたは利用者さんから見て
『自分がどんな介護者だと思いますか?』

あなたは他のスタッフから見て
『自分がどんな介護者だと思いますか?』

自分では一生懸命に仕事をしているつもりでも、利用者さんから見て忙しそうで声をかけづらい職員さんになっていませんか?例えば職員から見て仕事が早く、入浴を早くまわすことができる職員と仕事が遅く、あまり早く動けない職員がいたとします。職員から見て良いと思われる職員が利用者さんから見て良い職員とは同じなのでしょうか?仕事ができてもいつも忙しそうで声をかけづらい職員と、仕事は遅くてもいつも笑顔で話しかけやすい職員とどちらが利用者さんが安心できる職員なのでしょうか?

あなたが利用者さんならどんな職員に介助してもらいたいと思いますか?利用者主体・利用者目線・自分なら…と考えてみることはとても大切な『気づき』に繋がっていくのです。