【マザーテレサの名言から学ぶ】

【マザーテレサの名言から学ぶ】

マザーテレサの名言で『人間にとって、もっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもなく、自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことであり、そしてまた、最大の悪は、そういう人に対する愛が足りないことです。』というものがあります。

これは私が普段認知症講演でお話しさせていただいている『心の介護事故』を起こさないことにも通じるなと思います。

介護者のその一言が高齢者の心を傷つけてしまわないように、もう一度自分の言動を振り返ってみましょう!!